postheadericon どうして大事なの?

大切な実印もチタンで|チタン印鑑セレクト

『実印』を持ってる人って、この世の中にはどれくらいいると思いますか?
実は、ほとんどの人が実印は持っています。15歳以上であれば、印鑑登録すれば、その印鑑は実印とみなされるそうです。
では、どういったものを実印というのかを、まずは説明していきたいと思います。

あなたが今住んでるところ、または本籍にあたる住所に、住民登録は必ずしていると思います。
その地域の役場や市役所などに、自分の戸籍上にある姓名が彫られた印鑑を、登録申請して受理された印鑑のことを、実印といいます。
この登録をしていないと、そう呼べないので、重要な書類をかくときや法律に関わることに関しては、ちゃんと登録された印鑑を持って行かないといけません。
登録するはんこは、たとえ100円ショップで買ったものでも、申請が受理されてしまえば、それは実印になります。
だから高級な作りでないといけないって、決まりはありません。しかし、安かったら無くしてしまいそう…って思うなら、高い金額のほうが無くしにくいと思います。
この印鑑は、とても重要なものになるので、家族と共有したり、銀行印や認め印などとは、別にしておいたほうがいいかもしれません。
あと他の人が勝手に使わないようにするには、姓と自分の名前が入ったものを使えば、家族も使えないので、とてもいいと思います。
さきほどもいいましたが、このはんこはとても重要です。だから判子を押す場面では、しっかりと書類の内容を確認する必要があります。
そうしないと何か問題が起こったときに、判子を押したとなれば、それは理解した上で押してると判断されてしまうので、こちらの意見を聞いてくれないときもあります。

こういったことを気を付つけるには、いざっていうときにしか使わないで、おけばいいと思います。
あとで詳しく紹介しますが、この判子が登場するときには、不動産の取引きや法律に関係することになります。
だからそういった場面以外では、気軽に押さないようにしましょう。
悪用をされない為にも、やりすぎと思われるかもしれませんが、金庫などがあるのなら、そこへ一緒に入れておいたほうがいいかもしれません。
それぐらい重要なものだということを、しっかりと頭に入れておいたほうがいいと思います。

最新の記事
カレンダー
2014年9月
« 10月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930